バイクの評価

バイク買取の際に、そのバイクの評価はどうやって決まる?ここでは、少しでも高く買い取ってもらえるために、バイクの評価のときに見られるポイントについて解説しています。

バイクの評価

バイクの買取りをしようと考えているのであれば、お持ちのバイクの評価については、正確に評価出来る目が必要です。この場合の正確さは、客観的にみれるかどうかということで、自分のバイクへの思いとかは入れてはいけません。

 

ただ、評価がただしく出来なくても、買取業者に依頼するとすぐに価格を提示してくれます。多くの場合、買取業者の査定価格にはオーナーは不満を抱きます。これは、バイクの買取業者は、バイクのオーナーからバイクを買い取って、それを販売できるレベルまで整備をし直し、中古バイクとしてもう一度販売されることになります。

 

この手間と利益を考えますと、高く買い取ることはバイク買い取り業者の利益が低くなってしまうため、買取業者はできるだけ安く買い取ろうとするのは、理解できるのでは無いでしょうか。

 

もし、買取業者の低い算定価格ではバイクを手放すのは嫌だ…というのであれば、ネットのオークションという方法も選択肢としてあります。

 

オークションの場合、そのバイクを購入する相手は、一般の個人である場合が多く、そのまま利用するために購入するのが普通です。直接取引で間に業者が入らない分、販売価格は高くなります。

 

初めに申しました、客観的評価とは、どのような意味があるのでしょうか?まず、バイクが良く整備されていて、その上新しい状態のバイクが高くなるという傾向はあたりまえなのですが、人気の高いバイクの車種だったり、希少価値の高いバイクだったりすると、やはり価格も良い金額になります。

 

つまり、バイクの状態だけでなく、日本の中でそのバイクがどれだけの人が欲しがっている車種であるかも価格に大きく影響します。これはバイクだけに限った話では無いです。欲しい人がいて、それに対して十分に商品が無いものは、価格が高くなるのです。

 

もちろんお持ちの車種を変えることは出来ないですし、傷があるものは消すことは出来ません。痛みのあるバイクの場合には、高い買取価格を期待するのは無理があるでしょう。